ハウスクリーニングを開業するならフランチャイズで決まり

応用して利用する

タブレット

リスク回避につながる

販売管理の集約に利用されるPOSですが、導入には多額のコストを必要とします。しかし機能は拡大することが可能なのです。勤怠管理の機能はPOSの仕組みを応用させたものになります。店舗での工数削減を行う事ができるとともに、本社で一括して集約することができるため、利便性も高くなっているのです。POSの勤怠の仕組みは、各店舗において現場のスタッフが出勤時そして退勤時にPOSシステムを連動させた端末で打刻を行います。その情報はリアルタイムで本社にデータ送信されます。本社では勤怠情報をもとに、人件費コストの予測を立てたり、実績値を算出したり、給与計算の元データとして活用します。その結果、店舗側での給与計算処理が必要なくなります。給与計算などはもともと本社の機能になりますので、店側で集約したデータを月一回本社に送信する必要があります。これを自動的にしかもリアルタイムで行うことで効率化を図ることが可能になります。勤怠状況を把握することで店の売上データと比較してスタッフ数が不足している店に応援を急きょ出すことも可能になります。スタッフ数が少ない事で顧客満足度の低下や逸失売上の防止に貢献することも可能なのです。ビジネスは、どこに落とし穴があるかわかりません。店側で管理するにしても限界があります。このようなデータを利用して本社で一元管理することでビジネスのリスクを回避することが可能になるのです。POSは応用して利用することができるのです。