Kid and Toy

キッズシューズは機能面を重視するべし|スクスク成長できるグッズ

子どもの足を守る

特徴や選ぶポイント

ベビーシューズ

靴を履く事によって地面からの衝撃を緩和したり、石等の障害物から足を守ってくれたりします。
現在の生活においては欠かす事の出来ない存在となっており、何足もの靴を持っているという人も少なくないです。
この靴を履くのは大人に限った事ではなく、子供に関しても同様に幼い頃から利用する事になります。
子供が履く靴の事はキッズシューズと呼ばれる事もあり、大人の靴とは完全に区別されて存在しています。
これはキッズシューズと大人の靴では異なっている部分が多いためで、作り等について違いがあるのです。
例えば子供の足の形は大人よりも個人差が激しいため、その個人差に合わせて幅広いサイズのキッスシューズが用意されています。
それ以外にも成長に伴って歩き方等も変化してくるので、年齢別の歩き方に合わせたデザインとなっている事が多いです。
キッズシューズを購入する場合にはデザインのみならず、履き心地等の入念なチェックも欠かせません。
もしもサイズ等が合っていないキッズシューズを履いていると、膝等に大きな負担がかかる事になってしまうのです。
そのため子供の足のサイズをきちんと測定したり、本人に実際に履かせてみて確認をするのが望ましいと言えます。
もしも近くのお店に希望する靴がない場合には、通信販売を利用してみるというのも一つの方法です。
通信販売は購入前に実物を見る事が出来ませんが、カタログ等でサイズ確認をきちんとすれば希望と違ってしまうリスクを減らせます。
また現在では返品に応じてくれるメーカーも多いので、通信販売を過度に避ける必要はないと言えます。

確認するべきポイント

ベビーシューズ

子供の足は成長の途中なので、足に負担のかからないキッズシューズを選ぶことが大切です。
小さいキッズシューズは、かわいいものが多いので、ついついデザインで選んでしまいそうになりますが、形状や機能を考慮することも必要です。
歩き始めたばかりの頃は、まだ足の甲のアーチや足首などが不安定なので、足の甲と足首がしっかりホールドされている靴が適しています。
子供は活発に動き回るので、足からもたくさんの汗が出ます。
靴の中の通気性を保つためには、甲やかかと部分がメッシュ素材になっているものがおすすめです。
キャンバス生地のキッズシューズもありますが、砂遊びなどで汚れやすいというデメリットがあるので注意が必要です。
キッズシューズを選ぶときには、靴底の素材をチェックすることも大切です。
靴底に適度な厚みがあることと、弾力性があって曲げやすいということが必要です。
靴底が曲げやすいと走っているときでも足にフィットしやすいという大きなメリットがあります。
子供の足は成長が早いので、履き始めた靴がすぐに小さくなってしまうということもあります。
長く履かせるために、大きすぎる靴を選ぶと、子供の足に負担がかかってしまいます。
子供の靴のサイズを調整するときには、シューズメーカーが販売しているキッズ用のインソールを使用するという方法もあります。
キッズ用のインソールは子供の足に合うように作られているので安心して使うことができます。
キッズ用のインソールは、靴店やインターネット通販など様々な場所で売られています。

サイズを知ることが大事

ベイビー

赤ちゃんは足のサイズが小さいため、専用のキッズシューズを買い与えてあげるとぴったりフィットします。
お店に行く前に、まずは赤ちゃんの足のサイズを測っておきます。
サイズが違ったキッズシューズを買ってしまうと、歩きづらく場合によっては転倒などのトラブルも起こしかねないからです。
きつすぎると今度は赤ちゃんにストレスを与えてしまうため、きつすぎずゆるすぎないよう正しい足のサイズを知っておくことが重要です。
サイズを測定することができたなら、キッズシューズを扱っているお店へ行きます。
お店は好みで選んで構いませんが、できることなら赤ちゃん専門の商品を扱っているお店がおすすめです。
なぜならそうしたお店には経験豊富な店員の方が多く、わからないことがあっても丁寧に説明してくれるからです。
これは初めて赤ちゃんを授かった方にも頼りになるサービスです。
お店では、気に入ったキッズシューズを見つけたら、赤ちゃんに履かせてみましょう。
こうすることでそのデザインが赤ちゃんに似合うかどうかがわかるようになります。
性別はもちろん、体型によってもどのキッズシューズが似合うかは変わってくるため、履かせて鏡で確認しておくと万全です。
注意点としては、サイズの変化に対応できるキッズシューズを選ぶようにすることです。
赤ちゃんは成長が早く、ぴったりと思って買い与えたキッズシューズもすぐにきつくなってしまいます。
そんな時、サイズの変化に対応できる商品ならきつさを感じさせず履かせることが可能になります。

子どもの足を守る

ベビーシューズ

キッズシューズとはその名の通りに子供のための靴の事で、現在では様々なデザインやサイズの物が販売されています。実際に購入する際にはデザインのみならずサイズもきちんと確認して、子供の足に合った物を選ぶ事が大切だと言えます。

もっと読む

正しい子供用靴の選び方

足

キッズシューズを選ぶ時は、歩き始めから4歳位は転倒防止と足の保護をメインに考えると良いでしょう。それより大きい子供は、足先が拡がり気味のキッズシューズを選び、靴底は適度な厚さと柔らかさを備えたものを選ぶと良いでしょう。

もっと読む

幼少期に履かせるべき靴

ベビーシューズ

子供が幼いうちは成長段階に合わせてキッズシューズを選ぶことが重要です。0歳のよちよち歩きの頃であればしっかりと支えてくれるタイプのものを、1歳を過ぎてとことこ歩きをし始めたら通気性、吸湿性に優れたものを、2歳になって走り回るようになると自分で着脱できるようなものを履かせるとよいでしょう。

もっと読む