ハウスクリーニングを開業するならフランチャイズで決まり

独立するために

治療

基本的な流れと注意点

柔道整復師の資格を持つ人は一般的には病院やクリニックなどで仕事をすることになります。しかし同時に、この資格を持っていることで独立することが可能であり、自らの整骨院を開業する人も珍しくありません。まず整骨院を開業する前に理解しておきたいのは経営の必要性です。病院などで仕事をする場合は基本的には柔道整復師としての施術を行うだけでお金が貰えますが、開業した場合は整骨院を運営していかなければならず、経営の知識を持っている必要があります。そのため急に開業に踏切るのではなく、まずは本やセミナーなどを利用して経営の勉強から始めてみましょう。経営の知識がある程度身についたら実際に行動していきましょう。整骨院開業に最低限必要なものとして、いくつかの手続きがあります。まずは施術所開設届を保健所に提出します。これは整骨院の開業を承認してもらうための手続きで、これをしなければ開業することが出来ないので注意しましょう。保健所から承認を受けたら次に受領委任契約書を地方厚生局に提出します。これにより保険請求が可能になります。そしてこの保険には共済組合が含まれていないので共済番号を共済組合に申請します。またこれと並行して自衛官向け保険のための防衛番号も取得しましょう。最後に労災認定者を施術するための労災保険を労災基準局に申請します。最低限必要な手続きは以上です。これ以外にも手続きが必要なことがでてくることもあるので、開業サポートを行なっているコンサルティング会社に相談して見ることも1つの手段です。